知ってる? 魔道書は鈍器にもなるのよ

原曲 「ラクトガール 〜 少女密室」
(「東方紅魔郷」4面ボス、パチュリー・ノーレッジのテーマ)
編曲者 岸田氏 HP:- 岸田教団&THE明星ロケッツ -
(出典CD:「ROLLING★STAR」)
作品情報 5key 2013/1/21公開 設定BPM:190
難易度 時間 矢印数 変速 備考
Special ☆×21 3:48 1372 x1 合作

※方向キー(矢印)とスペースキー(おにぎり)で操作します。
 [BackSpace]でリスタート、[Delete]でオプション設定画面に戻ることができます。
 選択画面はマウスの他、キーボードでも操作できます。方向キーで選択、Enterで変更、決定。
 オプション画面で[Shift]キーを押すと、キーコンフィグを行うことができます。
 全体的にタイミングが遅い(速い)と感じる場合、Adjustmentの数値を下げ(上げ)て調整してください。
 得点報告はこちらから→   FUJI   MFV2   冬祭り2012掲示板

全部消して無くして目の前からもういなくなって
夢ならそれでいいのに

FUJI、MFV2の2人が送るコラボ合作。
Dancing☆Onigiri冬祭り2012参加作品です。

岸田教団のラクトガールアレンジ曲。
曲名のイメージに反して、非常にストレートな高速ボーカルロック曲です。
落ち着いた雰囲気と荒々しい雰囲気の両面が感じられる楽曲かなと。
鳴り響く印象的なギターやパーカスをメインに進行する、8分連打と階段の譜面です。

以下各製作者よりコメント。

MFV2

今までありそうでなかったペア!というわけでMFV2です

これまでFUJIさんとは大規模合作で何度かご一緒させて(というかこちらから誘って)
合作をしたことがありましたが、こうしてタイマン合作するのは意外にも初めてですね

某オフにてお会いした際に持ちかけられて始動した合作なのですが、
いかんせん自分がケツ叩かれないと動かない受け身の姿勢だったこともあって
まる1年も間を開けたのは流石に無計画すぎましたね\(^o^)/ FUJIさんごめんなさい(土下座

と言った感じでかなり期間をおいたものの、無事完成にこぎつけたので何とかかんとか
自分の譜面はというと全体的に規則性に主観を置いた譜面に仕上げました
というのもFUJIさんの譜面は、個人的には形にとらわれない自由な譜面という印象があるので
FUJIさんの譜面とは違った雰囲気を出せれば ということでリズム隊を中心とした
ガッチガチの譜面に仕上げてみたつもりです まぁ言っちゃえば
いつも以上にいつも通りという凄く自分らしい譜面ですね(←

合作部分においてもいくつか衝突した部分こそあるものの、
割とすんなり譜面が決まったのではないかと思います
自分らしさとFUJIさんらしさの兼ね合いをどうするかも結構迷った所もありましたが、
自分が原案を出してそれをFUJIさんが修正する といった場面がそれなりにあり、
FUJIさんに助けられる場面が多かった印象があります^q^

また、自分の趣味から結構片手にはきつい場所が幾つかできたのはすみませんでした((
階段とかトリルとか大好きなもので、要所要所で正階段配置が出てくるため、
その辺り苦手か得意かで大きく印象が変わるかもしれませんね
ただまぁテストプレイで95イイのPFを取れているので、それなりに上手い人なら問題なく楽しめるかなぁ とも

最後になりましたがFUJIさん、合作へのお誘いありがとうございました!
動かない性格でかなりお待たせして申し訳ありませんでした((
やっぱ予定を決めるのは大事ですね!\(^o^)/

FUJI

MFV2さん相手でもSWF担当のFUJIです。
AkeboshiRocket'sを始めとするMFV2さん主催の合作は今まで何度か参加してきましたが、コラボ形式では初だったり。
話を出したのは2011年初頭のオフで、そこからの始動もそこそこ早かったのですが……
まさかの1サビまで完成してからの約1年放置という事態となり、結果今に至ります(殴)
ここまで来て立ち消えかとか半ば諦めかけてたので、ちゃんと完成してよかったですはい。
楽曲については岸田教団の東方曲でやりましょうと持ちかけました。
曲が決まるまでに一悶着あったのですがまあそれはそれで(謎)
当時は新譜だったはずなのですがもう1年半以上前の楽曲です、いかにも岸田教団的な高速ロックアレンジだと。

個人譜はどちらかというとあっさりめに仕上げました。
旋律感を重視しつつ、ギターを積極的に取り入れていくような感じの譜面に。
MFV2さんの譜面についても、ややパーカス色が強い感じはありましたが基本的な方針は似ていましたね。
難易度的にもそこまで変わらないものの、プレイした印象は高速階段にやたらと苦戦した感。
この辺は打ち方の違いから来る配置のイメージの差なのかなとか。
個人部分は1メロと2サビを担当しています。
2サビはかなり自由な配置を組んでいます。8分メインならこういう装飾もありかなと。

合作部分の配置に関しては、お互いに意見を出しあうような感じで進めていきました。
お互いに実際に置いたときの印象から配置を定めていくような製作をしているという土台があるからか、
たまに衝突しても柔軟に対応できていたように思います。
その一方で、MFV2さんの配置は一つ一つに明確な意図がある、ということも強く読み取れました。
年季入った人のことだけはあるなぁと感じましたね。

完成した譜面は8分メインながらも同時押しや16分、フリーズといった配置が強く主張してくる内容。
かなり速い曲に加えて各所に階段の16分が入っており、難易度はそこそこ高いと思われます。
密度を考えると捌くのにテクニックがいる譜面だという印象。
繰り返されるスネアロール階段については、高速階段の難しさを実感してもらえるでしょう(謎)
全体的には岸田教団曲の譜面らしく疾走感のある連打が中心に。
交互に乱打に縦連打と様々な形が楽しめるかなと。
改めて通してプレイした印象では、自分とMFV2さんの譜面性を上手く組み合わせられたように思います。

最後にMFV2さんへ、合作のお相手ありがとうございました!
長く合作やってますが、1年前の作りかけの合作譜から続きを考える、という経験は初めてでした(殴)
まあ完成したので結果オーライといった感じでここは一つ。
もし次に合作する際には、ちゃんと次の予定を決めてから解散しましょう(謎)