Liberal Life

作曲者 あな兄氏 HP:- あな場 -
動画:nm14030584
作品情報 7ikey 2011/8/27公開 設定BPM:133
難易度 時間 矢印数 変速 備考
Special ☆×18 3:26 971 (x0) x0.8 - x1 合作

※左から順にZ、X、C、方向キーで操作します。
 [BackSpace]でリスタート、[Delete]でオプション設定画面に戻ることができます。
 選択画面はマウスの他、キーボードでも操作できます。方向キーで選択、Enterで変更、決定。
 オプション画面で[Shift]キーを押すと、キーコンフィグを行うことができます。
 全体的にタイミングが遅い(速い)と感じる場合、Adjustmentの数値を下げ(上げ)て調整してください。
 得点報告はこちらから→   FUJI   izkdic   夏祭り'11掲示板 

良くも悪くもならない明日
だけど「生きている」って思えた昨日

FUJI、izkdicが送る合作第10弾。
DancingOnigiri夏祭り'11参加作品です。
この二人の合作では初の7ikey作品になります。

あな兄さん作曲の、明るい曲調と歌詞が印象的なボカロ曲。
パーカッションとベースによって生み出されるリズム感が楽しい、3連符系の楽曲です。
明るく楽しい楽曲に乗せて送る、シャッフルリズムの7ikey作品。
曲の流れに乗せてどんどん表情が変わっていく、そういった感じの譜面です。

最初の十数秒は矢印が流れて来ないので注意。

以下各製作者よりコメント。

izkdic

n=10のizkdicです。ついに2桁いっちゃいましたねー(^q^)
前作から8カ月ほどたっていますが、なんか1つの境地にたどり着いた気がします。

某ラジオでは七鍵祭あたりで出てくると予告していたくせに、
イベントの主催だったりリアル多忙だったりでお互いに都合が合わず。
結果的に夏祭りに提出することになりました。
リクエストは「拍子変化する曲」でしたが、その成分は弱めで、
4/4拍子、ところどころ2/4拍子の相変わらずのボカロ曲となっております(ry
ちなみに個人的にはこういうタイプの曲はすごく好きです(謎

曲の性質等を考えたうえで、まだやってなかったし7ikeyでやってみましょうという流れになり、
10作目にして初の7ikey合作になりました。ついでに最遅BPM記録更新(ry
7ikeyでの合作も比較的メジャーになってきた感がありますね。

もともとこの曲での制作構想はあったので、
個人譜制作は存外にスラスラ進みました、やりたいことがはっきりしてるのはありがたいですね。
まあいつものごとく僕の方が遅かったんですが(ry ※FUJIさんが早いだけです
2人の個人譜の構成には差があったものの、最終的な構成もぱぱっと決まり。
順調な滑り出しには見えたのですが――

個人パートはどちらも主旋律準拠になってます。得意分野(ry
前半はかなり特殊な簡略をやっていたりするので、例によってアレな構成(^o^)
後半は分離メイン。ギターとメロディーの絡みに重点を置いてます。
同音階の連続が多い部分ですが、縦連打ではなく若干散らした感じに。

合作部は滑り出しこそ順調でしたが、最後のサビが超鬼畜でした(ry
お互いにいろいろな案を出して試した結果がこの作品に凝縮されています。
議論が難航すればするほど意味不明構成になるのはいつものことで(^q^)
というわけで今回のラストサビはFUJI&izkdic全作品の中でも、
トップクラスの意味不明っぷりを見せますがご容赦ください(何

中速域のシャッフル譜面で、全体通じて12分がベース。シャッフル譜面も初ですね。
これだけならeverの8分とそうそう変わらないわけですが、左右分離による同時押しが多く、
なかなか独特の難しさに仕上がっている気がします。
最難関はラストサビ。上述の通り構成面で意味不明ですが加えて難易度も高くなっています。
左手と右手で別のリズムを別の動きで打てるくらいの技量は必須になってくる感。
とはいいつつ所詮中速12分なので臆することなく立ち向かってもらえればと。

例によってFUJIさんへ、合作お疲れ様でした。
こうFUJIさんと譜面について話し合うことにある種の懐かしさを感じてしまったので、
おそらく完全に病んでしまったようです\(^o^)/\(^o^)/
10という大台に乗ったわけですが次回以降もお相手していただければ幸い。
よろしくお願いしますm(_ _)m

(余談)
FUJIさんの個人譜の矢印数がもろに某QuadrupleExで噴きました(ry

FUJI

少し頻度が下がりがちのFUJIです。
去年は2〜3ヶ月くらいのペースで出してたのですが、今回は8ヶ月ぶりということでだいぶ間が空きました。
お互いにあまり時間が取れなくなってるのが影響しているような。
まあizkdicさんは七鍵祭の主催とかやってましたし仕方ないところでは。
というわけで譜面の議論するのも割と久しぶりな感がありましたね。

10作目ということで何か違うことがしたいなーというのはあったのですが、
そんな感じで選曲をしてもらい、今回FUJI&izkdic初の3連符系の楽曲になりました。
でもってキーを相談した結果7iとかどうですかねという話になり、こちらも初となる7ikeyに。
7ikey合作自体は七鍵祭でやっていましたけど、今回は相手が7key系の製作者ということで。
相談中には今までと少し勝手が違うかなと思うところもあったり。

相談があること前提かつリズム感のある楽曲なので、個人譜はあまり深くは考えずに直感で。
リズムベース。結果的に曲調の割にかなりの矢印数になってしまいました(汗)
向こうは難所が局所的だったこともあり、矢印数には結構差が出たかなーとか。
一方で大筋の展開は共通していたようにも思いました。
でもラストに関してはこの時から苦戦の様相が予想できましたね(謎)

個人部分は譜面の形を見せることを重視して、曲に被せて打つような内容になっています。
リズムパターンを繰り返しつつ、曲の進行に合わせて少しずつ変えていくような感じに。
あえて崩してみたりした部分もあるので、やや突飛に見えることもあるかも。
少しではありますが向こうの形を参考にして譜面に反映させてみました、ストップとか(謎)
配置の作り方にはそこそここだわりがあります、どちらかというと5key調かなと。

合作部についてはかなりの紆余曲折を経てこのような形に落ち着きました。
譜面そのものの主張が強く、かなり勢いよく引っ張っていくような内容に。
意識している音が分かりにくいこともあり、人によっては迷走してるように感じるかもとか。
打てれば割としっくり来るようにはなっているかと思います。
個人的な印象としては、見た目ほどの圧迫感こそないものの見切り力のみでは厳しい感。
特に両手が同時に来る部分は注意が必要でしょう。
7ikey的な打鍵で曲をふわっと捉える部分と、旋律を強く譜面に落としこんだ部分が混在しています。
それらの組み合わせを見られれば、この作品をより楽しむことにできるかなーとか。

izkdicさんへ、製作おつかれさまでした。
今回の合作は久しぶりだったこともあり、改めて楽しかったですね。
お互いの意識の差をあわせるのが少し大変だったようにも。
まあ進むところはあっさり進んだので半々といったところでしょうか(謎)
これからも機会を積極的に見つけてやっていくようにしたいかなーと、よろしくお願いします。