孤独≒エゴイズム

作曲者 ろひ氏(作曲) HP:- ニコニコ動画マイリスト - 、ナツメ神楽氏(作詞)
動画:sm18031309
作品情報 7key 2013/1/21公開 設定BPM:185
難易度 時間 矢印数 変速 備考
Special ☆×26 3:19 1922 x1 合作、最大5つ押し

※左から順にS、D、F、Space、J、K、Lで操作します。
 [BackSpace]でリスタート、[Delete]でオプション設定画面に戻ることができます。
 選択画面はマウスの他、キーボードでも操作できます。方向キーで選択、Enterで変更、決定。
 オプション画面で[Shift]キーを押すと、キーコンフィグを行うことができます。
 全体的にタイミングが遅い(速い)と感じる場合、Adjustmentの数値を下げ(上げ)て調整してください。
 得点報告はこちらから→   FUJI   Cah-m   冬祭り2012掲示板

「アナタの大事な物は何?」だなんて
答えは一つに決まっているでしょう?

FUJI、Cah-mの2人が送るコラボ合作。
冬祭り2012参加作品です。

ろひさん作曲のハイスピードで展開するゴシック調リン曲。
退廃的な言葉が次々と重ねられていくサビの楽曲表現が印象的。動画の歌詞表示は必見です。
曲の勢いに乗せ3つ以上の多重押しでガンガン押していく、重厚な打鍵感が特徴の7key難譜面になりました。
ろひさんに楽曲の使用許可を頂きました、ありがとうございます。

以下各製作者よりコメント。

Cah-m

恐らくこんばんは、Cah-mです。
この度あのFUJIさんと合作させていただくことになりまして、
非常に嬉しい心境であると共に緊張しております。

FUJIさんは私のダンおにの『ルーツ』となる方で、
東方好きの友人の紹介で初めて訪れたダンおにサイトが「気分転換にRPG」でした。
スペルダンおにをひたすらやり込んだのは非常にいい思い出ですw
当時は自分とFUJIさんが合作するとは夢にも思わなかったわけで、
いやぁ人生どうなるか分かったものじゃないですね(ry
合作していただきまして本当にありがとうございました!

さて今回の譜面ですが、FUJIさんに私のキャラに合わせて頂くような形になりました、
というわけで3つ以上同時押し大量生産の7key難譜面です。

選曲は自分からで、ろひ氏よりハイスピードなゴシック調の曲を選びました。
相当難しい譜面になるだろうという予想のもと、
ツール20程度のものも作れるかなぁと言うことで提案しました。

当然の如くコラボ合作という形式になったのですが、
お互いに、少なくとも自分は遠慮しないようにしていたので、
コラボの話し合いは結構苛烈だったと自分は思ってます。
(百戦錬磨のFUJIさんからするとどうなのかは分からないのですがw)
ただその分納得のいくものが出来たという充足感もあり、
新たな考え方も仕入れられたので、とてもよい経験だったなぁと。

そろそろくどくなってきそうなので自分からはこの辺で、
手応え満載の譜面です、どうぞお楽しみくださいませ!
終盤は殺しにかかってるのでお気をつけて。

FUJI

今回は違うベクトルに挑戦してみたFUJIです。
Cah-mさんとは夏祭りでチーム要望出していて成立したらそこで合作だー、と思っていたのですが、
それについては先約があったということで次のイベントであるこのタイミングになりました。
使用させてもらった曲はろひさんのリン曲。四つ打ち系のゴシック曲ですね。
Cah-mさんとやるなら難譜だろう! ということで、「自分の太刀打ちできる範囲で難しくなりそうな曲」
という実に身勝手なリクエストで選んでもらいました、なんというかすみませんでした(謎)

3つ押しありの難譜ということで最初に合意したので、それを考えて個人譜を組み立てました。
難譜の製作はあまり得意ではないというか経験すら少ないのですが、
最後まで通してみれば自分なりに納得できる難易度で収められたかなと。
Cah-mさんの作風は打ちやすい型なので、あえて打ちにくい配置を各所に盛り込んだりしました。
なおこの時点でラストは打てる譜面を作っていませんでした(殴)
最終的には1サビ2メロ担当になりました。
後者は密度こそ高くはないもののCah-mさんも引っかかるほど面倒な配置が続くので要注意。

コラボ部分はだいたい難しくなっています、それに比例して製作も超難航したような気がします。
何回もやり直して感触を確かめて気になるところを洗い出すような感じでチェックしていましたが、
それだけで疲労困憊状態になってしまい、1日で8小節がザラという非常に残念な状況に(謎)
ラストサビは曲の締めを飾る部分ということで密度も最高潮に達するのですが、
APM900にも達する配置など正直推敲しようにもまず打てるわけがなく(殴)
ということでその辺はCah-mさん主導で進めてもらいました。
といいつつ、自分なりになんやかんやで意見はかなり出したように思いますね。
コラボ的な雰囲気は出せてるかなと。

自分のソースでは初めて出てくる3つ押しあり譜面ということで、それはもうガンガン使っちゃってます。
実際のところはもともと3つ押し譜面を作らない人が関わっているので、入れ方は割と素直かなと。
それほど意識せずにいけるのではないかと思います、無反応とラストは別ですが(謎)
全体的に難易度も非常に高く、特にラストは自分の腕前ではライフ維持が困難なレベルまで難しくなります。
製作者補正を合わせても自分はクリアがやっとという感じ。
(1F判定、1:10のライフゲージと、システム的にも厳しい部分はありますが)
まともにプレイできない人も多数いらっしゃると思いますがご容赦下さい。。
打てる人であればそれなりに個性を見てもらえるのではないかと個人的には。
ガンガン叩いていける全体に、スパイス的な打ちづらさ重視の配置を混ぜた構成が特徴かなと思います。

最後にCah-mさんへ、合作おつかれさまでした!
いろいろな意味で最先端を行くCah-mさんですが、実際には近いところで話をしてくれる方という感じでしたね。
中でも大局的な思考パターンはかなり似ているような印象で、譜面考えるときもいろいろ汲んでもらったのかなと。
別なところでは譜面と関係ない雑談がとても楽しかったように思います。
また機会があったらよろしくお願いしますー、次はもうちょっと抑え目で(謎)